会社概要

会社紹介
SK planetは2011年10月、韓国No.1の通信社SK Telecom(マーケットシェア50.5%)から分社化され、デジタル分野におけるサービスプラットフォームプロバイダとして設立されました。
通信キャリアの垣根を超えたO2O(Online to Offline)ビジネス市場を開拓し、モバイルユーザのライフスタイルに合わせた利便性の高いサービスを韓国国内で提供し続けています。
O2Oビジネスの代表例となる「gifticon(ギフティコン)」は、世界初のソーシャルギフトサービスとして2006年に韓国でスタートしました。このサービスは、現在、韓国国内45,000店舗で利用できます。
また、ソーシャルギフトサービス「cotoco(コトコ)」は、SK planet Japanが日本国内で初めて開始したO2Oサービスです。
今後、利便性に優れたO2Oサービスの提供が出来るよう、日本の大手企業と一緒に様々なマーケティングプラットフォームを構築していく予定です。
将来は、全世界のモバイルユーザを視野に入れた、O2Oプラットフォーム提供を実現することを目指して参ります。
 
会社概要
会社名:SK planet Japan株式会社
所在地:東京都港区六本木3丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー8階
代表者:宋 和植(ソン ファシク)
資本金:2億5773万1426円
設立日:2012年3月14日
主事業:ソーシャルギフトサービス「cotoco」を始めとする、インターネットメディアサービス
 
アクセスマップ
所在地
東京都港区六本木3丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー8階
アクセス
– 東京メトロ南北線 六本木一丁目直結(1番出口)